ザ・鹿肉バーガー

東大宮駅で毎日気になっていたベッカーズの鹿肉バーガーを食べてみました。柔らかく余計な油も少なくおいしかったです。鹿肉は鉄分も豊富で貧血の方にも良いようです。

そこで終わればよいのですが、つい悪い癖が出ていろいろ調べてしまいました。現在日本の山間部では猪、鹿などが増加し、田畑を荒らすなどの被害が出ています。有害動物として駆除していますが、実際に食べられているものは10%もないそうです。(駆除といってもライフルで打つケースはずいぶんと減って罠をしかけることが増えているようです。)

 

 

しかし、野生動物を食肉として流通させることは流通、安全などの面でずいぶんとハードルが高く立ち遅れていました。なぜなら野生動物ですのでE型肝炎、下痢原性大腸菌などの感染の可能性があり、適切な処理をしなくてはならない一方で捕獲する方が精肉処理、流通までを担当するためなかなか食卓に上らなかったようです。平成30年5月18日に農林水産省は、国産ジビエ認証制度を立ち上げており、今後はジビエの流通の後押しをしてくださることと思います。

いずれ、鉄欠乏性貧血の患者さんに「鹿を食べてください」という時代が来るかもしれません。ただし、感染症についても一緒に増えてしまっては大変です。くれぐれも生食しないようご注意を。

参考

https://www.jefb.co.jp/beckers/topics/archives/64

http://www.maff.go.jp/j/nousin/gibier/ninsyou.html

投稿者:

kwathema

さいたま市見沼区島町の内科・血液内科のクリニック ハレノテラスすこやか内科クリニックの院長です。東大宮駅から徒歩13分のショッピングモール内で内科のクリニックを開院しています。