インフルエンザ

《インフルエンザについて》

インフルエンザはインフルエンザウィルスに感染することで発症します。感染してから1~5日間の潜伏期間を経て、38~39℃以上の発熱や筋肉痛・関節痛・頭痛・倦怠感といった全身症状や、咳・痰・のどの痛み・鼻水といった呼吸器症状が出ます。

診断は(1)症状として急激な発熱、倦怠感、全身の痛み等があること、(2)周辺地域の流行状況、(3)患者との接触―などの総合的な状況を踏まえて行います。インフルエンザ迅速キットによる検査は、ウィルスが体の中で増えるまで時間がかかること、実際にインフルエンザにかかっているのに検査が陰性となる方が多くいるため検査だけで診断することはありません。

 

《インフルエンザと診断されたら》

まず、お薬を処方されたら、決められた通りにきちんと使いましょう。そして、外出はせず、自宅で静かに寝て安静にしてください。

食事は、体調に応じて食べられそうなものを少量でもよいので摂りましょう。もし食べられなくても、水分は摂るようにしましょう。この時、お茶だけでは脱水になってしまうのでスポーツドリンクもあわせて飲むのがおすすめです。お風呂は入っても構いませんが、湯冷めしたり脱水になったりしないよう気をつけてください。

 

《自宅療養中に気をつけること》

子供と違い、大人の場合はインフルエンザが重症化することはあまりありません。しかし、高齢者や何らかの基礎疾患(喘息、慢性閉塞性肺疾患、先天性心臓病、糖尿病、腎臓病など)がある方、免疫不全の方(ステロイド内服中、免疫疾患など)、妊娠中の方、肥満の方は重症化し、肺炎や心筋炎、脳炎などになる可能性があります。

上記に当てはまる方はご自身でも気をつけると共に、ご家族にも見ていて頂き、熱が3日以上続く、症状が悪化してきた、息苦しい・息切れがする、胸が痛い、ぼーっとする・おかしなことを言う・変な行動をする など普段と異なる心配な症状が現れてきた場合は速やかに受診してください。

 

《診断された後の外出について》
子供の場合は、学校保健安全法で「発症した後5日が経過して、かつ解熱した後2日を経過するまで」園や学校は出席停止と決められています。

大人の場合には決まりはありませんが、最低でも解熱後2日間が過ぎるまでは外出を控えましょう(可能なら発症から7日間)。

《お子さんで気をつけること》
お子さん(特に幼稚園生まで、時に小学生でも)は、発熱している時に興奮する、何かにおびえて泣く、おかしな言動をする、話しかけても反応しない などの異常行動が出ることがあります。インフルエンザの治療薬や解熱剤の影響であると言われることもありますが、発熱そのもので起こることもあります。この様な症状が出たら、目を離さないようにしてください。

また、区別が難しいのですが、インフルエンザ脳症ではウィルスが脳に悪影響を与えて、上の様な異常行動の他に けいれん、首の痛み、見えないものが見えると言う、意識が悪い などの症状が出て、最悪の場合は命に関わることもあります。何かおかしいと思ったら速やかに受診してください。

 

《予防するには》
インフルエンザは、飛沫感染(他の人のくしゃみ・咳の一部を吸い込むことで、ウィルスが体に入る)や接触感染(他の人の触った物を自分が触り、その手で目・鼻・口などに触れてそこからウィルスが体に入る)で広がります。

まずウィルスに負けないように普段から健康に気をつけて免疫力をつけておきましょう。そのうえで手指消毒をきちんと行いましょう。石けんをつけて手洗いし、洗って乾燥させるかアルコール消毒をするとよいでしょう。

普段から自分が風邪やインフルエンザをうつされないようにするだけでなく、咳やくしゃみが出る時はマスクをして、鼻をかんだり咳・くしゃみを受け止めたりしたティッシュなどは直ぐにゴミ箱(ふた付きが望ましい)に捨てるなど、他の人にうつさない配慮もしましょう。

そして、インフルエンザの予防接種の効果が出るのには2週間~1か月程かかるので、流行期に入る前に接種するようにしましょう。毎年打っても、自分の免疫が下がる心配はありません。効果は5か月程度続くと考えられており、10月頃から接種するのが有効です。

《治療などについての当院の考え方について》

インフルエンザについて当院の考え方(改定:2019.11.8)

脂質異常症

《脂質異常症とは》

脂質異常症は、以前は高脂血症と呼ばれていました。

脂質(大雑把に言うと‘脂(あぶら)’)が多すぎたり少なすぎたりする病気で、よく知られているものとして

・高LDLコレステロール血症(悪玉コレステロールが高い)

・高TG血症(中性脂肪が高い)

・低HDLコレステロール血症(善玉コレステロールが低い) があります。

 

この病気の原因として、よく言われている過食・過度の飲酒・運動不足・喫煙などの生活習慣の乱れ以外に、加齢や遺伝性のもの、他の病気からくるもの等があります。

特に女性は、年齢が上がると女性ホルモンの関係で、やせていても脂質異常症になることが多いです。

 

《コレステロールや中性脂肪が高いと 何が問題なのですか?》

この病気は無症状のことが多く、医師から「生活を見直しましょう。お薬を飲みましょう。」と言われても、調子が悪いわけではないのでぴんとこない方もいらっしゃるかもしれません。そこで、脂質異常を治療しないで放置すると、どんなことが起こり得るか見てみましょう。

 

脂質異常の状態が続くと…

脂(あぶら)は血液にのって全身をめぐるので、全身の血管や臓器に悪影響を及ぼします。

1.動脈硬化 を引き起こします(血管が狭く、硬くなる)

→ 狭心症、心筋梗塞、脳梗塞 などが起こりえます。

2.まぶたや腱に黄色い脂肪のかたまりが出る、胆石、糖尿病、すい臓の

炎症 などが起こることもあります。

 

この様に全身に影響が出てから脂質異常症の治療を始めても、狭く硬くなった血管が治ることはなく、特に心臓や脳の病気が起こってしまうと重大な後遺症が残ることもあるのです。脂質異常症の治療はただ数字を下げることが目標ではありません。こうした脂質異常による怖い合併症を防ぐためにも、症状がなくても医師と一緒に治療に取り組んでいきましょう。

 

《治療について》

脂質異常症は、数ヶ月で治しておしまい…ではなく、合併症を起こさない為にも年単位でよい状態を保っていくことが大切です。初めから生活習慣の改善をがんばり過ぎると疲れてしまうこともあるので、無理のない範囲で出来ることから始めていきましょう。例えば…運動は週に数日でもかまいません。ひかえた方がよいとされる食べ物も、全く食べてはいけないわけではないので、時々は食べてもかまいません。

お薬をうっかり飲み忘れてしまっても、そういう時もあるでしょう。タバコも自分だけでやめるのが難しければ、医師に相談してください。コツは、「多少細くても長く続けること」です。病院の次の受診までにうまく出来ないことがあっても、嫌にならずにコツコツ通院を続け、出来ることをやっていきましょう。医師や看護師が相談にのりますので、あなたの今後の生活をよくしていくために、一緒に取り組んでいきましょう。

脂質異常のタイプにもよりますが、基本的にまずは食事・運動による数値の改善が最初の治療になります。それでも改善しない場合に、お薬による治療になります。原因が他の病気にある場合は、そちらの治療も行います。脂質の数値をどこまで改善させるかは、年齢や血圧、その他の病気の有無などによって異なるので、医師にご確認下さい。

 

1.食事

・ 動物性脂肪・コレステロールの摂取を減らす。

お肉の脂身、鶏肉の皮、バター、マーガリン、洋菓子、スナック菓子、揚げ

菓子、レバー・臓物、たらこ・いくら等の魚卵 などを減らす

・ 積極的に食べた方がいいもの(魚、食物繊維が多いもの)

魚、大豆、野菜、きのこ、こんにゃく、海藻、玄米、麦ごはん、雑穀 など

を多めにとりましょう。乳製品、果物、卵は適量を。

・ 塩分は1日6g未満(一度、自宅のはかりで6gをはかってみましょう)

減塩する為の工夫として、香辛料やハーブ、減塩味噌・醤油・ポン酢、

レモンなどを使ってみましょう(スーパーでも減塩調味料を売っています)

2.運動

体重が多い方は適正体重になるよう、速歩やマラソン、水泳、

サイクリングのような有酸素運動も取り入れましょう。

BMI 25以上「肥満」の方:3-6か月で、現在の体重から3 %以上の減量

BMI 35以上「高度肥満」の方:現在の体重から5-10 %の減量

を目指しましょう。

3.飲酒量は減らして、たばこは禁煙しましょう。

4.処方されたお薬は、毎日決まった時刻に飲みましょう。

 

* 脂質異常症以外に糖尿病や心臓病、腎臓病のある方は、食事や運動に制限があることもあるので、医師にご確認ください。

高血圧

《高血圧とは》
正常な血圧は、収縮期血圧120~129/拡張期血圧80~84mmHgとされています。
診察室での血圧が140/90 mmHg以上を「高血圧」とい。

《血圧が高いと何が問題なのですか?》
血圧が高くても症状は特にありません。
しかし、高い状態が長く続くと血管がもろくなり詰まったり破れたりして、全身の臓器に影響が出ます。
心臓や腎臓がわるくなったり、脳梗塞・脳出血を起こしたり、眼の血管に影響が出ると目がわるくなることもあります。
全身の臓器に影響が出てから血圧をあわてて下げても、もろくなった血管や、機能の落ちた臓器が良くならないこともあるのです。
こうした高血圧による怖い合併症を防ぐためにも、普段からご自身で血圧を管理していくことが大切です。

《ご自宅で血圧測定をする意味は?》
病院に来て血圧をはかると緊張して、血圧が普段よりもとても上がってしまう方もいます(白衣高血圧)。
逆に、診察室では問題なくても、自宅や他の場所で測ると血圧が高くなる方もいます(仮面高血圧)。
そうなると、血圧の正確な評価・治療ができなくなってしまいます。
このため、ご自分の正確な血圧を把握するために、自宅での血圧測定が重要です

《自宅での血圧のはかり方》
・ 朝起きて、お手洗いに行ってから、座って1-2分安静にした後に血圧をはかりましょう。
・ 血圧計のカフ(腕に巻く部分)が心臓の高さに来るように、血圧計を置く高さを工夫してみましょう。
* 出来れば毎日記録することが望ましいですが、難しい場合は週に数日でもいいので長く続けて、自分の血圧を把握することを習慣にしましょう。

家庭血圧では 135/85 mmHg以上が「高血圧」です。

*一過性に血圧が高いことは心配いりません
毎日血圧をはかっていると、突然血圧が跳ね上がる日もあります。
しかし、それが何日も続くのでなければ、心配しないでください。
血圧は、疲れているときや寝不足のとき、心配事があるときなど少しの事でも上がりやすいです。
血圧が高いときはその前にがんばり過ぎたり体調が悪かったことの結果であることが多いです。
一度目の血圧が高くて心配になって何度もはかると、どんどん数字が上がっていくこともありますが、いったん深呼吸して落ち着きましょう。
様子をみて、血圧が高い状態が続く場合やいつもと違う症状がある場合は、医師にご相談ください。

《治療について》
高血圧は、数ヶ月で血圧を下げておしまい…ではなく、合併症を起こさないためにも年単位でよい状態を保っていくことが大切です。
初めから生活習慣の改善をがんばり過ぎると疲れてしまうこともあるので、無理のない範囲で出来ることから始めていきましょう
例えば運動は週に数日でもかまいません。ひかえた方がよいとされる食べ物も、全く食べてはいけないわけではないので、時々は食べてもかまいません。
お薬をうっかり飲み忘れてしまっても、そういう時もあるでしょう。
タバコも自分だけでやめるのが難しければ、医師に相談してください。
コツは、「多少細くても長く続けること」です。
病院の次の受診までにうまく出来ないことがあっても、嫌にならずにコツコツ通院を続け、出来ることをやっていきましょう。
医師や看護師が相談にのりますので、あなたの今後の生活をよくしていく為に、一緒に取り組んでいきましょう。 

1.食事:まずは、食事が基本です
・ 塩分は1日6g未満(一度、自宅のはかりで6gをはかってみましょう)
減塩するための工夫として、香辛料やハーブ、減塩味噌・醤油・ポン酢、レモンなどを使ってみましょう(スーパーでも減塩調味料を売っています)
・ 野菜を多めにとり、お肉の脂身は避けて、魚を積極的にとりましょう。
・ 当院では採血と検尿により推定一日食塩摂取量をお示ししています。ご自身がどのくらい塩分をとっているか、を確認し、食事療法に活かしてください。

2.運動
体重が多い方は適正体重になるよう、速歩やマラソン、水泳、サイクリングのような有酸素運動も取り入れましょう。

3.飲酒量は減らして、たばこは禁煙しましょう。

4.処方されたお薬は、毎日決まった時刻に飲みましょう。
一日の内の血圧変動を減らすことが、血管への負担を減らします。

* 高血圧以外に糖尿病や心臓病、腎臓病のある方は、食事や運動に制限があることもあるので、医師にご確認ください。

 

インフルエンザの発生状況について

当院におけるインフルエンザ罹患数の推移です。(現時点ではA型のみです。)

インフルエンザ罹患

当院の周囲では12月初旬に認めた流行は一時終息傾向のようです。

今年の患者さんの印象としては通常どおりの38℃以上の発熱、悪寒などで来院される方と翌日には36℃台に解熱する比較的軽症の方の2パターンがあります。翌日解熱した場合もインフルエンザを考慮して対応することが必要です。

また、この発症パターンからはA(H1N1)pdm09とA(H3N2)の両方が流行しているものと考えられることから同じ人がAに2回かかる可能性も十分に考えられ、一度かかった患者さんも注意が必要です。

例年ですと12月後半からが本格的な流行の時期となります。感染予防と体力の維持に努め、体調不良の際には早めの受診をお願いします。

内科学会セルフトレーニング問題

毎年恒例の内科学会のセルフトレーニング問題を今年も受験しました。内科領域の専門以外の最新治療について学ぶことができる重要な機会です。毎年難易度が高く苦しめられますが今年も数問間違えてしまいました。改めて勉強しなおし明日からの診療に活かしたいと思います。

高齢者におすすめするワクチン 破傷風

【破傷風について】

破傷風は世界中の土の中にみられる破傷風菌が外傷や火傷などをきっかけに感染して発症する病気です。破傷風が感染すると、菌が生み出す毒素により筋肉が動かなくなり、口が開かない、筋肉が硬張する、呼吸ができない、などの症状が生じ最終的には死に至ることもあります(致命率20~50%)。

【破傷風の抗体について】

小児の4種混合ワクチンにも含まれているため、小児では抗体を十分に持っていますが、高齢者では抗体が少なくなり、感染のリスクが上がります。(破傷風抗体保有)

実際に2016年の報告では発症者120人のうち78人(65.0%)が70歳以上でした。

【破傷風予防接種のおすすめ】

土いじりをする高齢者は破傷風を発症する可能性があり、もし発症した場合は命に関わります。ガーデニングや家庭菜園などを趣味で行っている高齢者は注意が必要な疾患であり任意での接種をお勧めいたします。

当院では3,700円で実施しております。

肺炎球菌ワクチンについて

【肺炎球菌感染の重要性について】

肺炎は死因の第 3 位です。肺炎を起こす細菌は多数ありますが、そのなかで肺炎球菌はおよそ2割くらいと言われています。

肺炎球菌性肺炎は、敗血症(菌が血液中にまわり臓器障害を起こす状態)、髄膜炎(脳のまわりに菌が侵入する)などの侵襲性肺炎球菌感染症を合併し重症化しやすいことが知られています。また、インフルエンザと合併しやすく、インフルエンザ後の肺炎の原因として重要な病気と言えます。

【予防接種の効果について】2014年10月から65歳以上の成人を対象に開始された肺炎球菌の定期接種では高齢者介護施設入所者で肺炎に対する予防効果(肺炎球菌性肺炎:63.8%, 全ての肺炎:44.8%)が認められました。また、75歳以上で予防接種を受けた方は、接種後 2 年間の入院率が 41.5%まで減少したことが報告されています。さらに、ワクチン接種 1 年間の 75 歳以上の高齢者では肺炎医療費が減少しました。

【課題】23価肺炎球菌ワクチンでカバーされない肺炎球菌による感染が増加傾向であることが現在の課題として残っていますが、腎臓、心臓、肺などに病気のある高齢者にはぜひお勧めしたい予防接種です。

当院では定期予防接種のほか、5年経過後の追加接種も実施しております。費用は8000円です。

参考;

日本感染症学会「65 歳以上の成人に対する肺炎球菌ワクチン接種に関する考え方
(第2版 2017-10-23)」

国立感染症研究所「23 価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン(肺炎球菌ワクチン)ファクトシート」

地域医療を考える会

10月30日に地域の先生方に参加いただき、「地域医療を考える会~血液内科~」を開催いたしました。

現在、高齢化は三大都市圏で急速に進行しています。さいたま市の高齢化は緩やかですが、埼玉県全体では年2.3%と全国最速で高齢化が進行しています。現在は患者の受け入れ先となっている東京都も同じく高齢化が進行しており、埼玉県に医療難民が発生する恐れがあります。

これまでは勤務医の先生方が労働時間を超過することで、医療環境が維持されていましたが、2024年に勤務医の残業時間の上限が決められ、約4割の医師は業務の削減を求められることになりました。2019年7月1日には「医師、看護師等の宿日直許可基準について」および「医師の自己研鑽に係る労働時間に関する考え方について」を厚生労働省が発表し、睡眠のとれない当直、労働と兼務あるいは上司からの指示に基づく自己研鑽は労働時間に含まれることが明示されたことから実質的な労働時間の短縮は必須になっています。

以上の経緯に加え、埼玉県は人口10万人あたりの血液内科専門医数が1.73人(全国平均3.24人)と血液内科医が不足しています(埼玉県の血液内科)。また、血液内科では血液疾患の罹患率の増加、治療法の進歩による治療適応の拡大、予後の改善により外来で診察が必要な患者さんはますます増加しています。

これに対して当院ではかかりつけ医の先生方と情報交換することで血液疾患を地元で拝見できる環境づくりを行おうと考えております。当院で拝見したうえで本当に必要な患者さんのみ大学病院や基幹病院にご紹介することで患者さん、勤務医の負担を軽減してまいります。また、大学病院、基幹病院で治療を終えた患者さんの経過観察を積極的に行うことで医療資源の適切な分配に貢献できるように提案しております。今回の会では多くの先生方に賛同頂き、水平方向での地域連携を進める大変有意義な会となりました。

JMECCに参加しました

10月26日に内科救急の研修であるJMECCにインストラクターとして参加してきました。急変時、最初の10分の救急処置であるICLSに加えて、重症感のある患者さんへの初期対応を学ぶ講習であり、主に内科を志す研修医の先生方12人が参加されました。私はインストラクターとして指導にあたり、若い先生方の積極的な取り組みに大変刺激を受けるとともに自身のスキルを振り返る機会となりました。

患者さんを急変させない、さらに急変したときには適切な処置を行えるよう今後も定期的に参加していきたいと思いました。

参考:

https://www.facebook.com/ikashika.cpe/   (院長:最後列右から4番目)

インフルエンザについて当院の考え方(改定:2019.11.8)

インフルエンザのシーズンに入ってきました。当院でも予防接種を実施しておりますが、予防接種と感染予防策をもってしても感染は起きます。

当院では他院と同様、インフルエンザの疑われる患者さんについては迅速検査キットによる検査を実施のうえ投薬を行います。体調の悪い患者さんを出来るだけお待たせしないよう、また費用負担ができるだけ少なくなるよう対策を検討しています。

なお、下記は当院の考え方です。

院内感染の予防について:インフルエンザにかかった患者さんのうち症状が出現する割合は66.9%と報告されています。つまり、インフルエンザに罹患していても発熱していない患者さんが2~3割いることが予想されます。また、感染後発症までの潜伏期間は2日程度あります。このため発熱で来院された患者さんのみを隔離する、という方法では院内感染は防げないことが示唆されます。当院では院内に入る方全員に無料でマスクを配布し、手指消毒に協力していただくようにしております。ご協力をお願いいたします。なお、当然ながらスタッフ全員にワクチンを接種し、可能な限りスタッフの家族にもインフルエンザワクチンを接種してもらっています。

 

ゾフルーザについて:これまでの治療薬と異なりインフルエンザPAたんぱく質に作用する薬剤です。1回の内服で治療が完結し投与直後からウイルス量が抑制される大変素晴らしい薬剤ではありますが、国立感染症研究所のサーベイランスによると2018~19年にA(H1N1)pdm09に1.5%、A(H3N2)で9.4%の耐性を認めています。第Ⅲ相試験でもA(H3N2)ウイルスについて12歳未満の小児において25.7%、12~64歳で10.9%耐性ウイルスの検出がありました。耐性ウイルスは増殖能が落ちているから問題ない、との意見もありますが、実際に耐性ウイルスのヒトからヒトへの感染の報告もあります。以上のことから当院では安全性を考慮しゾフルーザは特別な理由がない限り投与はしない方針です。

妊婦さん;ご家族も含めて予防接種をぜひ受けるようにしてください。妊娠中でも構いません。国立成育医療研究センターによれば妊娠中であってもオセルタミビル(タミフル)の催奇形性はほぼ否定されています。一方でインフルエンザの罹患による合併症、妊婦の死亡、児の先天異常などを考慮すると早期の治療が有用とされています。疑われる際には早めの受診をお願いします。

合併症(慢性肺疾患、心臓疾患、血液疾患、糖尿病など)がある患者さん、65歳以上の高齢者:合併症のリスクが高いと言われています。ご家族も含めて予防接種をぜひ受けてください。インフルエンザ迅速検査が陰性であっても突然発症の高熱、上気道症状、インフルエンザの患者との接触などがあった場合には臨床的な判断によりオセルタミビル(タミフル)、イナビルなどの投与を検討させていただきます。ただし、インフルエンザ以外には上記薬剤は無効です。

予防投与:合併症のある患者さん、妊婦さんなどの高リスクの患者さんには予防投与をお勧めします。ただし、保険診療ではなく全額自費となります。診察料もあわせてオセルタミビル(タミフル)4690円、イナビル10歳未満5570円、10歳以上7750円です。