HPVワクチンについて

(※この記事は2020年6月19日に更新しました)

私たちは新型コロナウイルス感染症を経験しました。これまで公衆衛生に対する関心がこれほどまで高まったことはなかったのではないでしょうか?

ウイルスと人類の共生の歴史の中でワクチンの開発によって多くの命が救われてきました。
しかし、HPV(ヒトパピローマウイルス)は子宮頚がんの原因として知られるもののいまだに克服されていません。
HPV感染により年間1万人が子宮頚がんに罹患し約2800人が死亡しています。
(2020年6月19日現在のコロナウイルス感染による日本人の死亡者数は935人です。)

HPVワクチンは小学6年生~高校1年生相当の女子における定期接種(市区町村が主体となって実施し、費用は無料)ですが、「積極的な接種勧奨の差し控え」が行われており、実際に接種しているのは1%未満となっています。

当院としては積極的にお勧めする、というスタンスではありませんが、この機会にもう一度ご家族で議論を行ってみてはどうかと思います。

【ポイント】

●子宮頸がんのほぼすべてが高リスクHPVの感染で起こる。
●子宮頚がんは年間約1万人が罹患し、約 2,900 人が死亡している。
●20〜40 歳代前半で特に発症率が増え、若い女性が死亡したり出産できなくなっている。
●子宮がん検診だけでは感度が低く(50~70%)見逃される可能性がある。

●HPVは性的接触で感染し、コンドームなどを用いても完全には遮断できない。
●HPVの感染は性交渉のある女性の50~80%で起こる。
●HPV感染は多くは一過性、無症状で治るが、一部(1%以下)で感染が持続し子宮頚がんを発症する。

●HPVワクチンは定期接種(公費負担で無料)だが積極的勧奨(接種時期の案内や個別の推奨)を中止している。
●HPVワクチンは自費の場合15,000~16,000円/回と高額で3回では45,000円以上!!

●HPVワクチンの接種は3回の筋肉注射で行い、少なくとも10年以上の効果が期待できる。
●感染が成立したあとでワクチンを打っても効果はない。
●国内で使えるワクチンは2価、4価で9価ワクチンは使えない。

●ワクチンにより60~70%の子宮頚がんの原因となるHPV16/18をほぼ100%予防できる。
●多くの人がワクチンを受けることで集団免疫効果がある。(ウイルス感染者が減少し、ワクチンを受けていない人も感染する危険が減る。)

●ワクチンの合併症として注射部位の一時的な痛みは 9 割以上、一過性の発赤や腫れなどの局所症状は約 8 割の方にみられる。
●HPV ワクチン接種後に生じた多様な症状と HPV ワクチンとの因果関係を示唆するエビデンスは報告されておらず、機能性身体症状と考えられている。
●HPV ワクチン接種後に多様な症状が現れた人たちへの治療体制が整えられた。

参考

日本産婦人科学会「子宮頸がんと HPV ワクチンに関する最新の知識と正しい理解のために」

厚生労働省ホームページ 「ヒトパピローマウイルス感染症(HPVワクチン)」

インフルエンザ

《インフルエンザについて》

インフルエンザはインフルエンザウィルスに感染することで発症します。感染してから1~5日間の潜伏期間を経て、38~39℃以上の発熱や筋肉痛・関節痛・頭痛・倦怠感といった全身症状や、咳・痰・のどの痛み・鼻水といった呼吸器症状が出ます。

診断は(1)症状として急激な発熱、倦怠感、全身の痛み等があること、(2)周辺地域の流行状況、(3)患者との接触―などの総合的な状況を踏まえて行います。インフルエンザ迅速キットによる検査は、ウィルスが体の中で増えるまで時間がかかること、実際にインフルエンザにかかっているのに検査が陰性となる方が多くいるため検査だけで診断することはありません。

 

《インフルエンザと診断されたら》

まず、お薬を処方されたら、決められた通りにきちんと使いましょう。そして、外出はせず、自宅で静かに寝て安静にしてください。

食事は、体調に応じて食べられそうなものを少量でもよいので摂りましょう。もし食べられなくても、水分は摂るようにしましょう。この時、お茶だけでは脱水になってしまうのでスポーツドリンクもあわせて飲むのがおすすめです。お風呂は入っても構いませんが、湯冷めしたり脱水になったりしないよう気をつけてください。

 

《自宅療養中に気をつけること》

子供と違い、大人の場合はインフルエンザが重症化することはあまりありません。しかし、高齢者や何らかの基礎疾患(喘息、慢性閉塞性肺疾患、先天性心臓病、糖尿病、腎臓病など)がある方、免疫不全の方(ステロイド内服中、免疫疾患など)、妊娠中の方、肥満の方は重症化し、肺炎や心筋炎、脳炎などになる可能性があります。

上記に当てはまる方はご自身でも気をつけると共に、ご家族にも見ていて頂き、熱が3日以上続く、症状が悪化してきた、息苦しい・息切れがする、胸が痛い、ぼーっとする・おかしなことを言う・変な行動をする など普段と異なる心配な症状が現れてきた場合は速やかに受診してください。

 

《診断された後の外出について》
子供の場合は、学校保健安全法で「発症した後5日が経過して、かつ解熱した後2日を経過するまで」園や学校は出席停止と決められています。

大人の場合には決まりはありませんが、最低でも解熱後2日間が過ぎるまでは外出を控えましょう(可能なら発症から7日間)。

《お子さんで気をつけること》
お子さん(特に幼稚園生まで、時に小学生でも)は、発熱している時に興奮する、何かにおびえて泣く、おかしな言動をする、話しかけても反応しない などの異常行動が出ることがあります。インフルエンザの治療薬や解熱剤の影響であると言われることもありますが、発熱そのもので起こることもあります。この様な症状が出たら、目を離さないようにしてください。

また、区別が難しいのですが、インフルエンザ脳症ではウィルスが脳に悪影響を与えて、上の様な異常行動の他に けいれん、首の痛み、見えないものが見えると言う、意識が悪い などの症状が出て、最悪の場合は命に関わることもあります。何かおかしいと思ったら速やかに受診してください。

 

《予防するには》
インフルエンザは、飛沫感染(他の人のくしゃみ・咳の一部を吸い込むことで、ウィルスが体に入る)や接触感染(他の人の触った物を自分が触り、その手で目・鼻・口などに触れてそこからウィルスが体に入る)で広がります。

まずウィルスに負けないように普段から健康に気をつけて免疫力をつけておきましょう。そのうえで手指消毒をきちんと行いましょう。石けんをつけて手洗いし、洗って乾燥させるかアルコール消毒をするとよいでしょう。

普段から自分が風邪やインフルエンザをうつされないようにするだけでなく、咳やくしゃみが出る時はマスクをして、鼻をかんだり咳・くしゃみを受け止めたりしたティッシュなどは直ぐにゴミ箱(ふた付きが望ましい)に捨てるなど、他の人にうつさない配慮もしましょう。

そして、インフルエンザの予防接種の効果が出るのには2週間~1か月程かかるので、流行期に入る前に接種するようにしましょう。毎年打っても、自分の免疫が下がる心配はありません。効果は5か月程度続くと考えられており、10月頃から接種するのが有効です。

《治療などについての当院の考え方について》

インフルエンザについて当院の考え方(改定:2019.11.8)

インフルエンザの発生状況について

当院におけるインフルエンザ罹患数の推移です。(現時点ではA型のみです。)

インフルエンザ罹患

当院の周囲では12月初旬に認めた流行は一時終息傾向のようです。

今年の患者さんの印象としては通常どおりの38℃以上の発熱、悪寒などで来院される方と翌日には36℃台に解熱する比較的軽症の方の2パターンがあります。翌日解熱した場合もインフルエンザを考慮して対応することが必要です。

また、この発症パターンからはA(H1N1)pdm09とA(H3N2)の両方が流行しているものと考えられることから同じ人がAに2回かかる可能性も十分に考えられ、一度かかった患者さんも注意が必要です。

例年ですと12月後半からが本格的な流行の時期となります。感染予防と体力の維持に努め、体調不良の際には早めの受診をお願いします。

高齢者におすすめするワクチン 破傷風

【破傷風について】

破傷風は世界中の土の中にみられる破傷風菌が外傷や火傷などをきっかけに感染して発症する病気です。破傷風が感染すると、菌が生み出す毒素により筋肉が動かなくなり、口が開かない、筋肉が硬張する、呼吸ができない、などの症状が生じ最終的には死に至ることもあります(致命率20~50%)。

【破傷風の抗体について】

小児の4種混合ワクチンにも含まれているため、小児では抗体を十分に持っていますが、高齢者では抗体が少なくなり、感染のリスクが上がります。(破傷風抗体保有)

実際に2016年の報告では発症者120人のうち78人(65.0%)が70歳以上でした。

【破傷風予防接種のおすすめ】

土いじりをする高齢者は破傷風を発症する可能性があり、もし発症した場合は命に関わります。ガーデニングや家庭菜園などを趣味で行っている高齢者は注意が必要な疾患であり任意での接種をお勧めいたします。

当院では3,700円で実施しております。

肺炎球菌ワクチンについて

【肺炎球菌感染の重要性について】

肺炎は死因の第 3 位です。肺炎を起こす細菌は多数ありますが、そのなかで肺炎球菌はおよそ2割くらいと言われています。

肺炎球菌性肺炎は、敗血症(菌が血液中にまわり臓器障害を起こす状態)、髄膜炎(脳のまわりに菌が侵入する)などの侵襲性肺炎球菌感染症を合併し重症化しやすいことが知られています。また、インフルエンザと合併しやすく、インフルエンザ後の肺炎の原因として重要な病気と言えます。

【予防接種の効果について】2014年10月から65歳以上の成人を対象に開始された肺炎球菌の定期接種では高齢者介護施設入所者で肺炎に対する予防効果(肺炎球菌性肺炎:63.8%, 全ての肺炎:44.8%)が認められました。また、75歳以上で予防接種を受けた方は、接種後 2 年間の入院率が 41.5%まで減少したことが報告されています。さらに、ワクチン接種 1 年間の 75 歳以上の高齢者では肺炎医療費が減少しました。

【課題】23価肺炎球菌ワクチンでカバーされない肺炎球菌による感染が増加傾向であることが現在の課題として残っていますが、腎臓、心臓、肺などに病気のある高齢者にはぜひお勧めしたい予防接種です。

当院では定期予防接種のほか、5年経過後の追加接種も実施しております。費用は8000円です。

参考;

日本感染症学会「65 歳以上の成人に対する肺炎球菌ワクチン接種に関する考え方
(第2版 2017-10-23)」

国立感染症研究所「23 価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン(肺炎球菌ワクチン)ファクトシート」

インフルエンザについて当院の考え方(改定:2019.11.8)

インフルエンザのシーズンに入ってきました。当院でも予防接種を実施しておりますが、予防接種と感染予防策をもってしても感染は起きます。

当院では他院と同様、インフルエンザの疑われる患者さんについては迅速検査キットによる検査を実施のうえ投薬を行います。体調の悪い患者さんを出来るだけお待たせしないよう、また費用負担ができるだけ少なくなるよう対策を検討しています。

なお、下記は当院の考え方です。

院内感染の予防について:インフルエンザにかかった患者さんのうち症状が出現する割合は66.9%と報告されています。つまり、インフルエンザに罹患していても発熱していない患者さんが2~3割いることが予想されます。また、感染後発症までの潜伏期間は2日程度あります。このため発熱で来院された患者さんのみを隔離する、という方法では院内感染は防げないことが示唆されます。当院では院内に入る方全員に無料でマスクを配布し、手指消毒に協力していただくようにしております。ご協力をお願いいたします。なお、当然ながらスタッフ全員にワクチンを接種し、可能な限りスタッフの家族にもインフルエンザワクチンを接種してもらっています。

 

ゾフルーザについて:これまでの治療薬と異なりインフルエンザPAたんぱく質に作用する薬剤です。1回の内服で治療が完結し投与直後からウイルス量が抑制される大変素晴らしい薬剤ではありますが、国立感染症研究所のサーベイランスによると2018~19年にA(H1N1)pdm09に1.5%、A(H3N2)で9.4%の耐性を認めています。第Ⅲ相試験でもA(H3N2)ウイルスについて12歳未満の小児において25.7%、12~64歳で10.9%耐性ウイルスの検出がありました。耐性ウイルスは増殖能が落ちているから問題ない、との意見もありますが、実際に耐性ウイルスのヒトからヒトへの感染の報告もあります。以上のことから当院では安全性を考慮しゾフルーザは特別な理由がない限り投与はしない方針です。

妊婦さん;ご家族も含めて予防接種をぜひ受けるようにしてください。妊娠中でも構いません。国立成育医療研究センターによれば妊娠中であってもオセルタミビル(タミフル)の催奇形性はほぼ否定されています。一方でインフルエンザの罹患による合併症、妊婦の死亡、児の先天異常などを考慮すると早期の治療が有用とされています。疑われる際には早めの受診をお願いします。

合併症(慢性肺疾患、心臓疾患、血液疾患、糖尿病など)がある患者さん、65歳以上の高齢者:合併症のリスクが高いと言われています。ご家族も含めて予防接種をぜひ受けてください。インフルエンザ迅速検査が陰性であっても突然発症の高熱、上気道症状、インフルエンザの患者との接触などがあった場合には臨床的な判断によりオセルタミビル(タミフル)、イナビルなどの投与を検討させていただきます。ただし、インフルエンザ以外には上記薬剤は無効です。

予防投与:合併症のある患者さん、妊婦さんなどの高リスクの患者さんには予防投与をお勧めします。ただし、保険診療ではなく全額自費となります。診察料もあわせてオセルタミビル(タミフル)4690円、イナビル10歳未満5570円、10歳以上7750円です。

高齢者におすすめするワクチン ①水痘帯状疱疹ワクチン

水痘(水ぼうそう)は水痘帯状疱疹ウイルス(VZV)によって引き起こされる伝染性疾患です。皮疹が軽快した後にVZVは神経に潜伏感染し加齢、疲労、ストレスなどにより免疫力が低下すると再活性化し帯状疱疹を引き起こします。

50歳以上になると帯状疱疹の発症は増加し、70歳以上でさらに高くなり85歳までに半数の人が経験すると報告されています。さらに2014年10月から水痘ワクチンが小児への定期接種として開始されたことから、一度水ぼうそうにかかった方はVZVウイルスとの接触する期会が減っており、免疫が維持されにくくなることで、ますます帯状疱疹になりやすくなるものと予想されます。

帯状疱疹の合併症では10~20%に発症する帯状疱疹後神経痛が重要です。皮疹消失後3か月以上にわたって痛みが持続することを指し、焼けるような耐え難い痛みが続きます。皆さんの周りにも苦しんでいる方がいるのではないでしょうか?

日本では2016年3月から50歳以上の人に対する帯状疱疹の予防として水痘帯状疱疹ワクチンを接種することが認められました。治験では60歳以上で、帯状疱疹の発症が51.3%減少、帯状疱疹後神経痛の発症が 66.5%減少し、50歳~59歳で帯状疱疹発症が69.8%減少しました。副反応は注射部位の皮膚反応が主で重篤なものはみられませんでした。(効果は一般的に5年程度と考えられています。)

9月16日は敬老の日でした。来年の御両親、祖父母へのプレゼントとしてワクチンを検討されてみてはいかがでしょうか?

参考資料:

M.N. Oxman, M.D. et al.  N Engl J Med 2005; 352:2271-2284

帯状疱疹ファクトシート(厚生労働省HP https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/0000184909.pdf)

スマホアプリで健康増進

新型iPhone発売のニュースが世間で話題になっていますが、今やスマートフォンの普及率は85.1%(2019年2月)と多くの方がスマートフォンを利用されています。

ではスマートフォンのアプリを健康増進(食生活、運動、座ったままの生活の改善)に利用できないでしょうか?2006年~2016年までに報告された論文27報(小児~若年者4報、大人23報)をまとめた報告によると小児では効果あり(1報)、一部効果あり(1報)、変化なし(2報)と評価が定まっていません。一方で、大人では変化なし(6報)に対して効果あり(17報)と有効な可能性があることが示されました。また、教育、カウンセリング、やる気の出るメール、ウェブサイト、歩数計などをアプリと併用することで効果が上がる可能性がある、と報告されました。

同様に「ポケモンGo」の活動量への効果を見た論文が香港より報告されています。これによるとiPhoneを持つ13~65歳までの210人がポケモンGOをインストールし、歩行距離の増加(18.1%:0.96㎞)がみられたそうです。ただし、24日で飽きてしまいその効果が打ち消されたとのことでした。(米国では飽きるまで42日だったそうです。)

これらの結果からスマートフォンのアプリは生活習慣病の予防や改善に役立ちそうで、長く続けることが重要と言えます。

ハレノテラスにはNTTドコモ、ワイモバイルの店舗もあり、きっとそれぞれの店員さんが親切に教えてくれることと思います。スマホを健康に役立ててみるのはいかがでしょうか?

参考文献)

Schoeppe et al.  International Journal of Behavial Nutrition and Physical Activity (2016)13:127

Ben D Ma et al. Journal of Medical Internet Research (2018)20:e217