高齢者におすすめするワクチン ①水痘帯状疱疹ワクチン

水痘(水ぼうそう)は水痘帯状疱疹ウイルス(VZV)によって引き起こされる伝染性疾患です。皮疹が軽快した後にVZVは神経に潜伏感染し加齢、疲労、ストレスなどにより免疫力が低下すると再活性化し帯状疱疹を引き起こします。

50歳以上になると帯状疱疹の発症は増加し、70歳以上でさらに高くなり85歳までに半数の人が経験すると報告されています。さらに2014年10月から水痘ワクチンが小児への定期接種として開始されたことから、一度水ぼうそうにかかった方はVZVウイルスとの接触する期会が減っており、免疫が維持されにくくなることで、ますます帯状疱疹になりやすくなるものと予想されます。

帯状疱疹の合併症では10~20%に発症する帯状疱疹後神経痛が重要です。皮疹消失後3か月以上にわたって痛みが持続することを指し、焼けるような耐え難い痛みが続きます。皆さんの周りにも苦しんでいる方がいるのではないでしょうか?

日本では2016年3月から50歳以上の人に対する帯状疱疹の予防として水痘帯状疱疹ワクチンを接種することが認められました。治験では60歳以上で、帯状疱疹の発症が51.3%減少、帯状疱疹後神経痛の発症が 66.5%減少し、50歳~59歳で帯状疱疹発症が69.8%減少しました。副反応は注射部位の皮膚反応が主で重篤なものはみられませんでした。(効果は一般的に5年程度と考えられています。)

9月16日は敬老の日でした。来年の御両親、祖父母へのプレゼントとしてワクチンを検討されてみてはいかがでしょうか?

参考資料:

M.N. Oxman, M.D. et al.  N Engl J Med 2005; 352:2271-2284

帯状疱疹ファクトシート(厚生労働省HP https://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-10601000-Daijinkanboukouseikagakuka-Kouseikagakuka/0000184909.pdf)

投稿者:

kwathema

さいたま市見沼区島町の内科・血液内科のクリニック ハレノテラスすこやか内科クリニックの院長です。東大宮駅から徒歩13分のショッピングモール内で内科のクリニックを開院しています。