バリフローを導入しました。

当院の感染対策としてバリフローを購入しました。
この機械により院内に陰圧ブースを作ることが可能です。

昨年までインフルエンザの診断は鼻から検体を採取して抗原検査をしていましたが、コロナウイルスの流行によりこの検査は通常の外来では実施できなくなりました。これにより今年の冬にインフルエンザの流行がやってきた場合、「検査を受けられない」状況が生まれる可能性があります。
診断をしないで抗インフルエンザ薬を投与する方法も考えられますが、インフルエンザは薬を投与しても2日程度発熱が続くため「コロナウイルス感染なのではないか?」と心配しながらその2日間を過ごさなくてはならなくなります。

当院はこの陰圧ブースを利用してインフルエンザの検査を実施する体制を整えていきます。

投稿者:

kwathema

さいたま市見沼区島町の内科・血液内科のクリニック ハレノテラスすこやか内科クリニックの院長です。東大宮駅から徒歩13分のショッピングモール内で内科のクリニックを開院しています。